自己流マッサージは辞めましょう!しわの元になる可能性があります。 - 自己流のマッサージはかえってしわの元に

自己流のマッサージはかえってしわの元に

いまはインターネットでいろいろな情報が手に入るようになりました。
顔のマッサージに関する情報もたくさんあります。
しかし正しい方法でマッサージをしないとかえってしわの原因になることがあります。

間違ったマッサージは肌トラブルの元

正しい方法でマッサージを続けると基礎肌力がつき、ターンオーバーにも良いそうです。
しかし、間違った方法を続けるとしみやしわの原因になります。
jytjytd
若い肌にはマッサージはかえって刺激になり、トラブルの原因になるともいわれています。
正しくできる自信がないならやらない方が良いという意見もあります。

しわやしみの原因にも

間違った自己流マッサージを続けていると肌のコラーゲン組織を傷つけ、しみやしわの原因になります。
コロコロローラーも過度に使うと摩擦によってしわの原因になります。
肌は思っている以上にデリケートなので過度なマッサージは逆効果のようです。

セルフマッサージの注意点

指を動かしてみて、顔の皮膚が大きく動く場合は力が強すぎるそうです。
心地よいと感じる力でなでるように優しく丁寧に行います。
必ず一方向に。往復運動をするとしわやたるみの原因になります。
リンパの流れに逆らわないことも大切です。リンパは老廃物を流す働きがあります。
この流れに逆らうと老廃物が溜まってしまいます。

必ず素肌で

まずはクレンジング、洗顔後に行いましょう。肌をリセットしてからマッサージします。
ゆっくり、優しくが基本です。表情筋の流れに沿って力を入れすぎないようにします。
指の腹やてのひら全体を使うようにしましょう。
あなたのセルフマッサージは大丈夫でしょうか。
毎日するお手入れだからこそしっかりと方法を理解して行いましょう。
間違った方法を繰り返しているとせっかく時間をかけてお手入れをしても無意味どころか、かえって肌に悪いこともあります。
専門書やDVDを参考にしながら正しい方法でマッサージをしましょう。
地上に届く太陽光は大きく分けて3つあります。
約10%は紫外線、約40%は可視光線、残りの約50%が近赤外線といわれています。
皮膚のしわやたるみの原因は紫外線が主だと考えられてきました。
しかし最近の研究結果では近赤外線の影響力が強いことがわかってきました。

そもそも近赤外線とは

可視光線の赤に近い波長をもった目には見えない光線のことです。
赤外線カメラや通信、家電のリモコンなどに使われているとても身近な光です。
しかし一部では「老化光線」とまで呼ばれるほどの力を持っています。

どうして肌に悪いのか

trthsr
紫外線は皮膚の表面までしか届きません。しかし近赤外線は皮膚の奥深く、筋肉や骨にまで届くといわれています。
その結果筋組織やコラーゲン組織を破壊し、皮膚のしわやたるみの根本的な原因になります。
屋外には出ないから大丈夫と思うのは大変な間違いです。
近赤外線はテレビやパソコンのモニター、電球、こたつなどからも発せられています。
多量に浴びるのは控えましょう。
目に浴びすぎると水晶体の白濁を招き、白内障を引き起こすことがあります。
また角膜炎や結膜炎の原因の1つと考えられています。

防ぐ方法

基本的には紫外線と変わりません。日傘やサングラス、日焼け止めを塗ることです。
しかし現在、市販されている日焼け止めやサングラスはほとんどが紫外線用なのであまり効果がありません。
まだ数は少ないですが近赤外線用のものを使いましょう。
外出時にあまり肌を露出させないことも大切です。長袖や帽子なども効果があります。
とにかく外に出る時は注意しておく、以外方法がないのが実情です。
これから対策が急がれる近赤外線です。
グッズも充実してきて市販でも専用の日焼け止めなどが出回るようになるでしょう。
しわやたるみを気にされる方は夏だけではなく一年中、曇りの日も太陽光が地上に注いでいること、近赤外線が危険なことを意識して対策しましょう。

しわの改善なら美容皮膚科へ

目元 しわ 改善
■美容皮膚科を東京でお探しなら広尾プライム皮膚科
■http://www.hiroo-prime.com/menu/question/somberness.php

アーカイブ

カテゴリー

しわ原因 美容皮膚科

更新情報